伝える・繋がる・実践する!希少難病当事者のための専用サイト

日本発!世界初!『あきらめない人の車いす。COGY(コギー)』

  • HOME »
  • »
  • 日本発!世界初!『あきらめない人の車いす。COGY(コギー)』

COGY-Global~Japanese technology for the World~日本発!世界初!『あきらめない人の車いす。COGY』を日本全国、そして世界へ!

■お問合せ先

COGY開発・誕生の経緯

1998年
「東北大学医学系研究科運動機能再建学分野」で医学部の半田康延教授(当時)を中心にFES制御(ファンクショナル・エレクトリカル・スティミュレイション=機能的電気刺激システム)の研究を開始。

FES制御という世界的研究は注目を浴びたが、筋肉を収縮させた状態をつくるためにはフルパワーの電気刺激を加えることになり、その電気刺激が心臓に大きな負担をかけ別の障害が起きる危険もあることから、体内埋め込み型のFES研究は5年でやむなく中断

半田教授らは「障害を抱えた人が一番楽な方法で足を動かすにはどうしたらいいのか」という基本的な問題に発想を変え、座って足を動かすのが転倒の心配もなく安全だとわかり、車いすにペダルをつけて漕ぐことを思いつく。そして、FES制御を使い電気の刺激によって麻痺した足を動かして車いすを漕ぐという試作機を作る

車いすでありながら足でこいで移動できる機能は自転車と車いすを合わせたものなので「足こぎ車いす」と名付けられた。

足こぎ車いすは、ニューロモジュレーション理論(電気刺激を使って麻痺した足を動かす方法)、つまり、脊髄の神経回路回復を目的とした治療技術であった

電気を流すことによって患者さんの麻痺した足の筋肉を収縮させたり弛緩させたりするが、ある時、患者さんが電気刺激のスイッチを入れない状態で足こぎ車いすのペダルをスイスイ漕いでいる姿を半田教授が目撃

これが次の研究ステップにつながり、電気信号を活用せず人間の「反射」反応を刺激し足が動く仕組みを発見し、初号機が誕生

しかし、重さが80kgもあり製品として世の中に出せるものではなく、研究室で眠ることになる。

2005年
偶然にも半田教授は当時会社員であった鈴木堅之氏(現:株式会社TESS代表取締役)と出会う

<鈴木堅之(すずきけんじ)プロフィール>

  • 1974年 静岡県伊豆市に生まれる。
  • 1996年 盛岡大学文学部を卒業する。
  • 1997年 知的障害者更生施設・社会福祉法人いきいき牧場に指導員として就職するが、リハビリテーションの重要性を感じて退職。
  • 1999年 山形県内の理学療法士養成学校に入学。病院で働きながら学費を捻出するが、2年生の時に学費支援が打ち切りとなり、理学療法士の道を断念。
  • 2001年 山形県内の公立小学校の教員となる。
  • 2003年 医療ベンチャー企業FESに入社。
  • 2005年 半田康延教授と足こぎ車いす初号機に出会う。
  • 2008年 東北大学発ベンチャー企業TESSを設立し、足こぎ車いすの製品化に向けて奔走する。

2008年
鈴木氏は、この素晴らしい商品を世の中に出し「歩行が困難な人に希望を届けたい」という熱い想いから、東北大学発の研究開発型ベンチャー企業として株式会社TESSを設立

「障害者も健常者も共に生活に希望を見出せる社会」の実現に向け、新たな試みである「neuromodulation(ニューロモジュレーション/神経調節技術)」を東北から世界に向けて発進し続けるプロモーターとしての役割、および、そこから生まれるビジネスモデルを地域貢献とインテグレートしていくプランナーとしての役割を大学、行政、企業と連携して担い、事業を展開。

neuromodulation(ニューロモジュレーション)とは手術や薬に頼ることの無い、まったく新しい医療技術。

2009年
COGYの原型を完成させる。

そして、奇跡的なたくさんの出会いと多くの応援者に恵まれ、80kgから14kgという軽量化に成功し機能・デザイン性を高め販売をスタート

商品名は開発者である半田教授への敬意を表し、プロフェッサーハンダから「Profhand(プロファンド)」と名づけられた。

2013年
FDA認証(アメリカ食品医薬品局認証)取得

2014年
CEマーク(欧州連合加盟国基準適合マーク)取得

2016年
もっと「歩行が困難な人に希望を届けたい」という想いから商品名を「GOGY(コギー)」にリニューアル

足が動かせない人も、自力で漕げるかもしれません

東北大学大学院医学系研究科の30年にわたる研究により生まれた
日本発!世界初!
従来の補装具・福祉用具の概念を超えた
全く新しい画期的なモビリティ
『あきらめない人の車いす。COGY(コギー)』
~お子様からお年寄りまで、無限の可能性を引き出します~

 

通常、人が歩行するときは、脳からの信号が脊髄を介し足を動かしています。しかし、脳からの指令がうまく足に伝わらず、足が動かせない方もいらっしゃいます。

COGYは、そのような方でも自分の力でペダルをこげる可能性があります。

QRコードをクリック(タップ)する、またはスマートフォンで読み取ると動画が再生されます。

 

COGYに乗った方の足が動くのは、脳からの指令ではなく「右足を動かす→左足を…という反射的な指令が脊髄の「原始的歩行中枢」から出ていると考えられます。つまり、最初のひと漕ぎがわずかでもできれば、反射的な指令によって、もう片方の麻痺していた足も動く、という身体の仕組みです。感覚神経の情報が、脳や脊髄の中枢神経回路網をうまく調整してくれる、これを私たちはニューロモジュレーションと呼んでいます。

※効果には個人差があります。効果・研究成果を保証するものではありません。
※東北大学医学系研究科半田康延グループの研究に基づき掲載しております。

★医療・介護・障害者福祉などご専門の方はこちらもご覧ください
COGYのエビデンス『足こぎ車いすProfhand/COGYの研究』


COGYとは?

人間の脳からの「足を動かせ」という指令に基づき、通常の歩行や自転車を漕ぐ運動が行われます。
しかし、事故や病気などで脳からの指令が足に届かない場合は、自分の意思で足を動かすことができなくなってしまいます。

COGYは、東北大学大学院医学系研究科の30年にわたる研究により、脳からの運動指令ではなく「原始的歩行反射」を利用し自らの筋肉運動でペダルを漕いで推進力とできるように開発された「足こぎ車いす」です。

【何故こげるのか?】

■動画解説(14秒)

■動画解説(42秒)

■開発会社(株)TESS社長の鈴木 堅之さんが楽しく分かりやすくご紹介。必見です!

■COGYでVRリハビリ体験~雨の日や寒い日でも屋内で楽しく!(2分14秒)

■SUPER CEO vol.22 株式会社TESS/鈴木堅之[“ペダル付き車いす”を新常識に「人材」「資金」ゼロの壁を熱意で突破した東北の星](6分06秒)


COGYにより期待できることは?

まずは、「自らの運動により実用可能な移動ができる」ということになります。慣れれば時速5~6km/hの速度で、お友達といっしょに散歩もできるスピードで動けるようになります。結果として、

  • 生活の幅が広がる
  • 移動そのものが適度な全身運動、筋力・血流アップ
  • 車いす認定がされているのでどこにでも出かけられる

などの変化を得られる可能性があります。筋力・血流アップはその先の効果も。これまで自力の筋肉運動ができなかった方にとっては、歩行の可能性を増やしたり、寝たきりから脱却し、さらに認知機能の向上につながったケースもあります。また、介助者の方の負担軽減にもつながります。

でも、まずは「自分の力で動ける」ということがもたらすモチベーションの向上を実感される方の声が一番多いと感じています。


COGYは、車いす?自転車?

法律的には「自走用(自走式)車椅子」になります。

電車や航空機を含め、従来の車いすと同様に公共の場で普通に使っていただけます。幅や最高速度なども車いす基準で設計されています。さらに方向を決める車輪の直径が大きいため多少の不整地や芝生の上などでも移動に使うことが可能で、活動範囲も広がります。

手でホイールを回すのではなく、動かなかった足を使ってペダルを漕ぐことで推進力とします。速度も実用的。手こぎの車いすとは異なり、使いながらリハビリ効果も期待できるという点では従来の車いすからの単なる置き換えとは異なる使い方が考えられます。自転車の部品も多く使用されており、日頃のメンテナンスが比較的簡易に行えるのもポイントです。


COGYの用途は、補助?リハビリ?実用?

お使いになる方の症状や体力により期待できる効果に差はありますが、痛みや疲労や炎症に影響がそれほどない場合、様々な症例の方で何らかの機能改善効果が見られています。その点ではリハビリ用とも言えます。

手が空いた状態でそれなりの速度が得られることから、日常生活の範囲を広げる使い方をされている方も多数いらっしゃいます。実用的に使うことも十分可能。補助をしてくれる方がいらっしゃれば、押してもらうこともできます。時々でも自分で漕ぐことができれば、補助をしてくる方と並んで移動することも可能です。

■紹介動画(2分24秒)

COGYに乗っている

  • 事故による下半身まひ(脊髄損傷 下肢麻痺)
  • 事故による下半身まひ(脊髄損傷 両下肢全廃)
  • 生まれつき全身まひ(脳性麻痺 四肢体幹機能障害)
  • 生まれつき両足まひ(二分脊椎症)
  • 脳梗塞による左足まひ
  • 交通事故による四肢体幹まひ
  • パーキンソン病

の皆様をご紹介いたします。

COGYをご利用いただいているお客様の声(クリックするとPDF資料が開きます)


COGYと既存の補装具(福祉用具)との違い


COGYユーザーの皆さま

ダンサーJunko さん

当法人理事(香取久之)の大切な仲間で同志、ダンサーのJunkoさん

「その足で立てるわけがない」「その足で歩けるわけがない」「その足で踊れるわけがない」

医師や看護師さん、その他多くの方々に言われた言葉。

でもJunkoさんは踊ります。彼女が特別なんじゃない。素敵なトークと華麗なダンスをお楽しみください。

<Junkoさんより>

車いすユーザーですが 車いすダンサーではありません
衣装の下に12個の装具を着けて
踊りたいから踊ります
ひとりで動ける喜びを「足こぎ車いす」COGYで取り戻しました

 

「運動能力を左右する」と言われている部分に障害があります。

でも、生まれつきだから、他の方の身体はどういう感じで動いているのかわかりません。

先天性だと、ある程度は総合力で補えるのかもしれません。

40歳でダンスを始めたときには、「筋肉の状態がわるいから踊れるはずがない」と言われていました。

46歳で障害があると判ったときも、「骨の状態がわるいから踊れるはずがない」と言われました。

障害があると判る直前には皮膚の難病を発症したのですが、足にまともな皮膚がない状態でダンスコンテストの個人賞をいただいています。

われながら、わけのわからない人生です。

だから、「なぜ踊れるのか」と訊かれてもわかりません。自分でも毎回、踊りはじめるときビックリしています。

医学的にわかっているのは、「踊れるはずがない」ということだけです。

以下の点は、はっきりしています♪

COGYを使うようになったら脚の筋肉が増えて身体が安定するようになり、おもいきり動けるようになったら上半身の筋肉も増えました。

 

香取さんに初めてお目にかかったときより体重がかなり増えているのですよ。ぜんぶが筋肉だと信じたいワタシですA(^_^;

ケンタロウさん(料理研究家)

ケンタロウさんのリハビリを支える希望の車いす「COGY」に試乗してみた!

料理番組『男子ごはん』でTOKIOの国分太一さんと共演し簡単で美味しいレシピと気さくなトークで男性からも女性からも人気を博していたケンタロウさん。

2012年2月、バイク事故で頭部骨折、高次脳機能障害が残り一時は両手両足の麻痺や言語障害などで寝たきりの状態に陥っていました。

しかし、現在は足こぎ車いすCOGYを使うことでリハビリ効果が格段に上がっているとのこと。

ハヤブサ選手(プロレスラー)

空中殺法を得意技としたあのプロレスラーもCOGY(コギー)を愛用していました。

動画の中で語られる “すべては繋がっている”

COGYに乗ることで、足だけではない身体の全てが繋がっていることを感じるという言葉は印象的です。

鍛え抜かれた身体を持つヤハブサ選手でさえCOGYと初めて出会った時には“自分には無理”そう思っていたそうです。

しかし結果は違いました。

初めて乗った瞬間 “動ける” 予感・感覚・自信を得たと言います。

「出来そうだ」「出来るかもしれない」そう思った瞬間からこれまでの常識や思い込み、獲得してきた無力感が一気に逆回転しはじめます。

COGYを使ってみたくなりました

■お問合せ先
COGYに関するお問合せ・ご注文は「お電話」「メール」から!

福祉用具として介護保険レンタル可能です。自治体によって異なりますが、障害福祉サービスにおける車いす購入の補助プログラムとしての扱いも可能です(詳しくは下部「公的サービスでの利用について」を参照)。また、普通に購入いただいたり、リースで月々の軽費で導入いただくことも可能です(リースは基本的には法人対象です)。お気軽にご相談ください。

■サイズ

COGYは体格(身長)に合わせて、3サイズ(M/L/SS)をご用意しております。

製品名 COGY(コギー)
サイズ M

SS
重量 14.8kg 17.3kg 12.6kg
長さ×幅×高さ 115.5×62.7×88.1cm 134.6×63.5×94.0cm 83.0×53.0×67.0cm
前輪サイズ 16インチ 20インチ 14インチ
後輪サイズ 8インチ 10インチ 8インチ
耐荷重 100kgまで 136kgまで 100kgまで
参考対応身長 145~180cm 180cm~ 100~140cm
福祉用具情報システム TAISコード 01134-000001 01134-000002 01134-000005
■本体価格
販売 定価
COGY(M) 329,000円(非課税)/月額
COGY(L) 370,000円(非課税)/月額
COGY(SS) 398,000円(非課税)/月額
納入時調整作業 20,000円(税別)/交通費実費

※別途配送料がかかります。
※本体は非課税、オプション品は消費税がかかります。

■リース価格
5年リース(法人・団体対象) 参考価格
COGY(M) 6,100円(非課税)/月額
COGY(L) 6,900円(非課税)/月額
COGY(SS) 7,400円(非課税)/月額
納入時調整作業 20,000円(税別)/交通費実費

※リース会社の審査の結果、リース料が大幅に変動する場合もあります

<リース料金等について>
料金は提携リース会社の算出した標準的な価格です。リース会社の審査により変動することがあります。
※ リース契約にあたっては、リース会社の与信審査があります。
※ 与信審査にはお時間をいただく場合があります。ご利用開始日まで、余裕をもってお申込みください。
※ 結果によっては、ご希望に沿えない場合があります。あらかじめご了承ください。


製品説明資料のダウンロード GOGYフライヤー(2021年7月版)


公的サービスでの利用について

COGYは原則、既存の車いすと同様の扱いです。したがって「介護保険サービス」(介護保険法が定めるサービス)「障害福祉サービス」(障害者総合支援法が定めるサービス)でお使いいただけます。

■介護保険サービス:
  • 原則、要介護2以上の方が対象です(軽度者(要支援1、要支援2及び要介護1)に対する福祉用具貸与の例外給付があります)。
  • 車いすは介護保険で福祉用具としてレンタルできますが、購入はできません(車いすを購入したい場合は一般購入になるため全額自費(保険適用外)となります)。
    例えば自費レンタル月額16,000円の場合、1割負担の方であれば月額1,600円でレンタルできます。

※市町村により判断が異なる場合があります。詳細については保険者であるお住いの市町村へお問合せください。

→「介護保険制度の概要」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/gaiyo/index.html

■障害福祉サービス:
  • 原則、支給の対象は身体障害者手帳を所持している方です。また、身体障害者手帳の交付を受けていなくても、障害者総合支援法で定めている指定難病患者で補装具が必要と判定される場合も支給対象になります。
  • 車いすは障害福祉サービスで補装具として購入できますが、レンタルはできません利用者は利用者負担分を負担します(補装具業者は市町村へ補装具費を請求し、市町村はそれを支払います)。

※市町村により判断が異なる場合があります。詳細についてはお住まいの市町村の障害福祉窓口へお問合せください。

→「補装具費支給制度の概要」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/yogu/aiyo.html

■介護保険サービスと障害福祉サービスの関係:
  • 介護保険サービスに障害福祉サービスに相当するサービスがある場合は介護保険優先が基本となります。 ただし、一律に適用するものではなく、障害福祉サービスを利用できる場合もあります。

COGYのご説明~試乗~導入まで

ご説明や試乗のご希望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。遠方の場合は、御対応の方法もご相談させていただきながら進めさせていただきます。

COGYに関するお問合せ・ご注文は「お電話」「メール」から!


WEB版取扱説明書

1.商品到着後の開梱から設定方法まで

段ボール箱に梱包された状態から乗れるようになるまでの手順を以下に示します。

Mサイズ、Lサイズ

SS(スモールサイズ)

2.COGYの乗り方、動かし方

COGYで楽しんでいただくための基本の乗り方、動かし方をご紹介いたします。

3.日常メンテナンス

安全に、長くご利用いただくための日常点検についてご紹介いたします。

4.もっと詳しく知りたい方へ

製品に付属の取扱説明書です。ダウンロードしてお使いください。

★COGYに関するご相談や製品説明、試乗、イベント等のお申込みは「お電話」「メール」又は最下部の「申込フォーム」からお願いいたします


COGYとSDGs(持続可能な開発目標)

★SDGsについて知りたい方はこちら→JAPAN SDGs Action Platform | 外務省


タイ王国 足こぎ車いすを導入したリハビリプログラム導入に係る案件化調査

JICA (国際協力機構)2016~2017年 中小企業海外展開支援事業 案件化調査

高齢社会に突入しつつあるタイ王国では、今後、高齢者や障害者が増加すると予測されている一方で、リハビリテーションや介護に従事する人材の数・技術の不足が著しく、リハビリテーションに従事する理学療法士は人口1万人あたり1.3人にとどまっている。介護・ケアが必要な高齢者や障害者を予防すると同時に、福祉・介護人材不足を補う施策の充実が急務な状況にある。 リハビリテーション設備を有する総合病院、専門病院や高齢者介護施設に関する情報収集、車いすの輸入に関する法制度調査、タイ政府の高齢者・障害者に対する制度調査、足こぎ車いすを用いたパイロット調査の実施を通じて提案製品の適用可能性の確認を行い、ODAを通じた提案製品の現地活用可能性及びビジネス展開にかかる検討を行った。

ベトナムにおける足こぎ車いすの普及及び病院関係者のリハビリ能力向上プロジェクト

JICA (国際協力機構)2012年 協力準備調査(BOPビジネス連携促進)※現・途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査、2013~2016年 草の根技術協力(地域経済活性化特別枠)

ベトナム戦争時に使用された枯葉剤の影響や、二輪車・四輪車の普及により増加する交通事故の影響もあり、障害者、特に運動障害のある方が530万人(全人口比の6.34%、2006年)と非常に多いベトナム。著しい経済発展を記録する一方で、障害者は満足な収入源を得られず、低所得層を形成していることが多い。日本発の独自技術である足こぎ車いすをベトナムに導入することで、障害者の社会進出を後押しすると同時に、ベトナム国立病院や地方病院での使用を通じて、リハビリテーション関係者の能力向上を目指した。 株式会社TESSが製造・販売している足こぎ車いすCOGYは、脳卒中で半身が麻痺した方、腰痛、膝関節痛などで歩行困難な方でも、自身の両足でペダルをこぎ自由に走り回ることができる最先端のチェアサイクル(足こぎ車いす)である。「足に障害のある方が足でこぐ」という、東北大学の研究から生まれたこの画期的な車いすはリハビリテーション効果も非常に高く、日本においても、リハビリ設備を有する病院や、高齢者介護施設、個人宅などで使用されている。「世界に足こぎ車いすを広めて、1人でも多くの障害者に再び自由に動き回ることができる喜びを与えたい」との思いを持ち、ベトナムへの事業展開を目指した調査。


脳卒中などで半身が麻痺した方が脊髄損傷などで歩行が困難な方でも、取り付けられたペダルによって、足を動かすきっかけを生み出す画期的な車いすです。TBWA\HAKUHODOは、一般社団法人MAKOTOと協働してコミュニケーション領域によるベンチャー支援事業をスタートし、その第一弾として、TESS社のペダル付き車いす「COGY」のプランニングからクリエイティブまでフルサポートしています。


最後に。

新たな発想、独自に磨いた技術など、これからの日本の医療を支える人々に密着!する番組

『ヒポクラテスの誓い』

COGY(コギー)開発会社(株)TESS社長の鈴木堅之(すずきけんじ)さんの熱い想い、患者さんやご家族の喜びの声、医師や理学療法士など医療従事者の感想などがまとめられています。ぜひご覧ください!

“奇跡の車いす”で歩行困難者の自立を支える 株式会社TESS代表 鈴木堅之 ヒポクラテスの誓い


ご相談・製品説明・試乗・イベント申込フォーム

    ■基本情報■

    企業・団体名 (企業・団体の方のみ)

    お名前(担当者名)(必須)

    お名前ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    メールアドレス(確認)

    電話番号

    FAX番号

    ■住所■(必須)

    郵便番号

    都道府県

    市区町村以下

    ■試乗・イベント希望年月日■(※ 入力日から2週間以上先の日程でお願いいたします)

    第1希望(必須)

    第2希望

    第3希望

    ■試乗・イベント開催場所(住所)■(必須)

    ■メッセージ(相談内容)■



    【RDneT(アールディネット)を応援してください!】

    ■応援会員(寄付/ボランティア)入会で応援→ https://rdnet.jp/support/ouen-kaiin/

    ■サポーター企業・団体になって応援→ https://rdnet.jp/support/sponsor-list/

    ■オリジナルCD「つながり」(ヘルプマーク応援ソング「あたたかい未来」収録)購入で応援→ https://rdnet.jp/tsunagari-cd/

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+
    PAGETOP
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.