おかげさまでチケットは完売いたしました!
ご協力ありがとうございました。

2015年8月9日(日)、私どもの仲間たちが出演するチャリティーコンサートがきゅりあん小ホール(品川区立総合区民会館)で開催されます。
皆さま、ぜひお誘いあわせの上、お越しいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

チャリティー夢コンサート「嬉し涙が止まらない」小澤綾子CD発売記念
時間:13:00開場、13:30開演
場所:きゅりあん 品川区立総合区民会館小ホール(東京都品川区東大井5-18-1)
20150809concert

<以下 Facebookイベントページより>
「病気、障害があっても夢を持って生きられることを伝えたい」

誰でも夢を持てる、夢を実現できることを伝えられたら。そんな想いから障害・病気を乗り越えた豪華アーティストによるコンサートを開催します。

進行性難病筋ジストロフィーと歌う小澤綾子の夢から始まったこのコンサート
「やりたいことがあっても自分には叶わない、そう思ってたちっぽけな自分。
“同じ病気と闘った、今は亡き友人の曲を多くの人に聴いてほしい”そんな夢をもっても、自分には無理だと諦めていました。でも夢を口にしたらどんどん応援の輪が広がり、とうとう8月9日夢が実現します。

是非、夢実現の立会人になってください。

応援しにきてください。

心に響く声を聴いてください。

そして障害や病気を乗り越えて活躍しているアーティスト達の生き様を感じてください。

友人が遺してくれた ‘’嬉し涙が止まらない‘’ の曲もCDとして形になります。」小澤綾子

******************

チャリティー夢コンサート「嬉し涙が止まらない」小澤綾子CD発売記念

時間:13:00開場、13:30開演

場所:きゅりあん 品川区立総合区民会館小ホール(東京都品川区東大井5-18-1)

チケット:出演者、各団体から手売りまたはインターネット発売(イープラスにて先行発売中)
http://eplus.jp/yumecon2015hp/

一般 1800円 / 当日 2000円
小学生以下無料

出演者:
進行性難病筋ジストロフィーと闘い歌う 小澤綾子
手話パフォーマー RIMI
車椅子の歌姫だっこ 朝霧裕
山田賢明 他

主催:NPO法人(申請中)チャレンジドフェスティバル
NPO法人 生き方応援団ララ
一般社団法人 RDRDサポーターズ
小澤綾子コンサート実行委員

お問合わせ:チャレンジドフェスティバル事務局
050-3786-8097
info@challenged-festival.jp

手話通訳、要約筆記など情報保証付き

車椅子の方、各種サポートが必要な方はお問い合わせ先へご連絡ください

*このコンサートは皆さんのご寄付によって実現します。売り上げの一部は難病、障害者団体に寄付されます。

******************

出演者紹介:
☆進行性難病筋ジストロフィーと歌う 小澤綾子

千葉県君津市生まれ。海や自然が大好きな子として育つ。
小学校の頃からだんだん走るのが遅くなり歩き方がおかしくなり、周りと違っていく自分に気づく。
病院を転々とするも原因はわからなかったが、20歳のときに診断がつく。
進行性の難病筋ジストロフィーだった。
10年後には車椅子、その先は寝たきりと医師から告げられ、人生のどん底に落ちる。
しかし、死ぬのは怖く、生きるしかない。
元気でいられる時間が限られているなら、今を全力で楽しく生きていこうと決めた。
「筋ジスと闘い歌う」と掲げ、現在はイベント、企業、病院、老人ホームなどで講演ライブを行い、病気・障害の認知活動を行っている。
HP @[NjQyMTgzOTU5MjA4MTA3Omh0dHBcYS8vY2hhbGxlbmdlZC1heWFrby5jb20vOjo=:http://challenged-ayako.com/]

☆手話パフォーマーRIMI

生まれつき聴覚障がいを持つ。30歳過ぎてから手話とろう者の手話を使ったエンターテイナーと出会い衝撃を受ける。子供の頃からの夢の世界、舞台に上がることを実現する。「夢は何度諦めてもいい!・・・・」この思いを常に人々に伝え続けている手話パフォーマー。現在はエンターテイメントの分野で、手話ミュージック、女優、講演 手話プロデューサー 手話ダンス&歌の振付師として幅広く活動している。講演では「なぜ夢を諦めてもいいのか?」こういった話を中心に語り掛けている
HP @[NjQyMTgzOTU5MjA4MTA3Omh0dHBcYS8vd3d3LnN0ZXAtcmltaS5jb20vOjo=:http://www.step-rimi.com/]

☆車椅子の歌姫 だっこ

朝霧裕(あさぎり ゆう)
さいたま市在住。愛称は「ダッコ」。難病ウェルドニッヒ・ホフマン症のため車いす使用。介助者との自立生活や歌手活動のパイオニア。著書『バリアフリーのその先へ!−車いすの3.11−』(岩波書店)他
HP @[NjQyMTgzOTU5MjA4MTA3Omh0dHBcYS8vd3d3LmRhY2NvLmluZm8vOjo=:www.dacco.info]

☆山田賢明(やまだ よしあき)

18歳の頃にスカウトによりCDデビュー。 23歳、鬱病を患い声が出なくなる。
25歳の初春。無一文で歩いて日本中を周る。帰宅後、ボイトレ教室をゼロ円起業。講演会のようなライブを全国展開!「カウンセリングの予防医学化」を叫びWright Life Projectを立ち上げた。NPO法人 生き方応援団ララ代表
HP @[NjQyMTgzOTU5MjA4MTA3Omh0dHBcYS8vaWtpa2F0YS1sYWxhLm9yZy86Og==:http://ikikata-lala.org/]


▼ 応援会員になる ▼
ugokuqr-ouen

txt_J_HP