この度、当法人理事長の香取久之ザ・ノンフィクションに出演いたします。

ご存知の方も多いと思いますが、当番組は1995年10月15日からフジテレビで放送されている日本のドキュメンタリー番組です(関東ローカルのため、放送されない地域もございます)。

香取以外にも難病や障害と向き合いながら日々真摯に生きる仲間たち、いつもお支えいただいている支援者の皆さまが出演されます。

また、東北大学大学院医学系研究科の30年にわたる研究により生まれた「あきらめない人の足こぎ車いすCOGY(コギー)」も番組の中で取り上げられています。ぜひご覧ください!

■ザ・ノンフィクション https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/
[放送日時] 2020年8月16日(日) 14:00~14:55

放送内容詳細

それでも僕は生きていく ~ももちゃんとの約束~

“126万人に1人”といわれる希少難病・アイザックス症候群など4つもの重い病を抱えながら生きる男がいる…香取久之さん(49)。症例が極めて少なく、症状も見た目からわかりづらいため、周囲に病気のつらさを理解してもらえない…。発症当時は自殺を考えるほど苦しんだ香取さんだが、いつしか 「自分と同じように、1人で生きづらさを抱えて苦しんでいる人々を救いたい」という思いを抱き、7年前に大手企業を辞めた。

仲間たちとNPO活動を続けるものの、収入源はわずかな募金のみ、1500万円以上の貯金をつぎ込んだ上に、3000万円もの借金を背負ってしまったことで、家族との間に溝が生まれてしまう。なんとか借金を返済しようと事業を始めるが、まったく軌道に乗らず、毎月100万円近い赤字。その上、ステージ4の大腸がんに侵されていることが判明する…
すでに肺や肝臓にも転移し、5年生存率は10数%。抗がん剤の副作用にも苦しめられ、身体も心もボロボロな中、それでも活動を辞めない香取さん。
なぜなら、香取さんは1人の少女と「ある約束」を交わしていたのだ。10歳までの生存率が10%未満といわれる深刻な病を抱える、米田ももちゃん(10)。
車椅子の生活を送るももちゃんのため、起死回生の一手を打つ香取さん。そして、ももちゃんに訪れる小さな奇跡…
4つの重い病、借金、ステージ4のがん…次々と訪れる苦境に耐えながら、命懸けの活動を続ける一人の男の姿を追った。

出演者

【語り】
小池栄子

スタッフ

【ディレクター】
沖田光

【チーフプロデューサー】
西村陽次郎

【制作協力】
イルミネイトワークス

【制作著作】
フジテレビ

【番組テーマ曲】
〈曲名〉サンサーラ
〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子
〈歌〉竹原ピストル